なばなんのブログ

何気ない日々を綴ります。放送大学選科履修生です。

ひかり号の悲劇 後編

ひかり号の悲劇 前編 はこちら ↓

nonnbiri4646.hatenablog.com

 (続き)

京都駅到着後、万が一の期待をもって息も絶え絶えにバスターミナルに向かったが、当然バスはいなかった。
隣の乗車口ではターミナルの職員さんが、「○○さま~○○さま~、いらっしゃいませんか~」とお呼びだてをしている。あぁついさっきまで、なばなんの名前がここで連呼されていたんだな~と恥ずかしいやら情けないやら。

とにかく次のバスを手配せねばと、チケット売り場へ向かった。
次のバスは、5時間後(゜゜;) 仕方ない。時間的にも金銭的にもあまりにも高い授業料だった(T_T)

普通の人ならば京都で5時間あればちょっと何処かへ…となるだろう。
ただ、先の行程も長く精神的にも体力的にも疲れ切っていた。貴重なお金も無駄にした。ゆえに、京都駅で5時間過ごすという希少な経験をした。

それまでにも京都駅は何度か通過したことはあった。あくまでも乗換駅として。
とりあえず、駅の周りを一周。ふむふむ、やっぱり大きい!周囲の地理もなんとなくわかった。さすが大都会!

次は内部を探索。
吹き抜け3階建てになっていて、外へと続く大きな階段がある。
階段は無理なので、脇にあるエスカレーターで上までいってみた。
大きな階段は、伊勢丹の中庭のような構造だ。登り切ったところには本当に「屋上庭園」があった。
お弁当を食べている人がちらほら。やはり外国人割合多い。

ここまで京都駅を堪能できる機会は二度とないだろう。その後もくまなく歩いてみた。
B2Fで思いがけず靴磨き屋さんを見つけた。お気に入りの皮のブーツは気の毒なことになっている。靴を履いたままでの靴磨き、初体験!
なんか、急にエライ人になったような(´・ω・`)

おかげでブーツはピカピカになった(^^)
ちょっと元気が出た*:・'°☆

京都タワーホテル(京都駅から撮影)