なばなんのブログ

何気ない日々を綴ります。放送大学選科履修生です。

デコポン

最初見たときは、ごつごつしてグロテスクに感じた。
試しに食べてみたら・・・ハマってしまった( ̄∇ ̄*)

  

この時期は、柑橘系戦国時代ではなく 柑橘系戦国時期のようだ

冬の王者「みかん」退場後の果物売り場には、萌芽のごとく
様々な柑橘たちが名乗りを上げる 

いよかん、あまなつ、はっさく、オレンジ、デコポン
新興勢力としては、清見、せとか

 

さて、なばなんの考えるデコポンの利点は、信頼性と合理性だ

  • 信頼性 → 当たり外れがなくパーフェクトに美味しい(経験上)
  • 合理性 → 包丁いらず。難なく手で皮がむける。
          袋が薄いのでそのまま食べられる。

実はなばなん、デコポンを知る前は いよかん・オレンジ派であった
残念ながら、「合理性」という点でデコポンに軍配が上がり、今に至る

 

人間は飽きる動物である。 ←なばなん説だと思ったら、石丸謙二郎さんも言ってた  (^人^)
おそらく、今この瞬間にも、次のスター柑橘が開発されようとしているのだろう

 

デコポンよ、ゆめゆめ精進を怠るな (`・ω・´)